私たちは世界トランスヒューマニスト協会に加盟する日本唯一の団体です

ごあいさつ

私たち日本トランスヒューマニスト協会は、日本におけるトランスヒューマニズムの啓蒙と実践、そしてそれらを基盤とした未来社会の実現を目的とする非営利団体です。

勉強会の開催やWebメディアの運営など、様々な活動に取り組んでいます。

トランスヒューマニズムとは?

トランスヒューマニズムは、ここ数十年間でゆるやかに定義されてきた新しい思想および運動の潮流です。世界中に数百万人の支持者が存在するとされ、日本語では「超人間主義」とも訳されます。
とりわけ米国の未来学者マックス・モア(1964~)が1990年に『Transhumanism:Toward a Futurist Philosophy』で提唱した以下の定義がもっとも広く普及しています。

“Transhumanism is a class of philosophies of life that seek the continuation and acceleration of the evolution of intelligent life beyond its currently human form and human limitations by means of science and technology, guided by life-promoting principles and values.”

(トランスヒューマニズムは、生命を促進する原則と価値に基づき、科学技術により現在の人間の形態や限界を超克した知的生命への進化の継続と加速を追及する生命哲学の一潮流である)

その内容を端的にあらわしたイラストが以下となります。


すなわちトランスヒューマニズムは、科学技術を積極的に活用することで生物学的限界を超越しようとする思想および運動、そして哲学なのです。

科学技術で積極的に人間を改良するという思想は、一聞すると非常に非人道的で冷酷な考えのように感じることでしょう。生命の冒涜だと捉える方もいるかもしれません。しかしトランスヒューマニズムの本質は、生命の抑制ではなく促進です。科学技術の力によって病気や障害のみならず老化や死までをも克服し、生きていることの喜びを最大限に感受できるようになること。だれもが生きていることの素晴らしさを実感できるようになること。生という貴重で美しい体験をあらゆる手段をもって保護・保存すること。これこそがトランスヒューマニズムの基礎をなす考え方です。トランスヒューマニストとはすなわち、「生命への愛」により定義される人々なのです。

シンギュラリティの接近

最近「シンギュラリティ」という単語を見かける機会も多くなってきたことかと思います。実はこのシンギュラリティとトランスヒューマニズムには深い関わりがあります。

シンギュラリティ(技術的特異点)とは、コンピュータ・テクノロジーが指数関数的に進化し続けた結果、AI(人工知能)がある時点で人間の知能を超えて取ってかわるという仮説のことです。米国のコンピュータサイエンティストであるレイ・カーツワイル(1948~)によって提唱されました。彼の著作『The Singularity Is Near: When Humans Transcend Biology』では特異点の到来期を2045年と予言しています。

実際、近年における人工知能の進歩にはめざましいものがあります。
IBMは2011年に人間と同様に経験から学習し、事象間の相互関係を見い出し、仮説を立て、記憶していく能力を持つコグニティブ・コンピューティング・チップの開発に成功しました。翌2012年にはGoogleが脳のニューロネットワークを模倣して構築した中央演算処理装置のネットワークシステムが事前プログラムなしに猫の識別に成功したと発表。2015年には画像認識コンペILSVRCでAIの画像認識の誤差が人間と並ぶ水準にまで低下したことが明らかになりました。2016年にはDeepMind社のAI・AlphaGoが囲碁で韓国のトッププロ棋士に勝利し、日本ではAIの書いた小説が『星新一賞』の一次審査を突破。2017年には中国企業・騰訊(テンセント)社のAIが独自学習の結果、共産党に対して批判的な主張を繰り広げました。

このように、AIは私たちの予想をはるかに超える速度で進化を遂げています。
シンギュラリティはけっしてSF世界の話ではないのです。

しかしながら、シンギュラリティ革命が到来し、どれだけAIが人間の知能を突き放しても、彼らが意識や自我をもって人間そのものになりかわることはありません。イスラエルの歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリ(1976~)は著書『Homo Deus: A Brief History of Tomorrow』についてのインタビューで以下のように述べています。

“There is a lot of confusion about what artificial intelligence means or doesn’t mean, especially in places like Silicon Valley. For me, the biggest confusion of all is between intelligence and consciousness. Ninety-five percent of science fiction movies are based on the error that an artificial intelligence will inevitably be an artificial consciousness. They assume that robots will have emotions, will feel things, that humans will fall in love with them, or that they will want to destroy us. This is not true.
Intelligence is not consciousness. Intelligence is the ability to solve problems. Consciousness is the ability to feel things. In humans and other animals, the two indeed go together. The way mammals solve problems is by feeling things. Our emotions and sensations are really an integral part of the way we solve problems in our lives. However, in the case of computers, we don’t see the two going together.
Over the past few decades, there has been immense development in computer intelligence and exactly zero development in computer consciousness. There is absolutely no reason to think that computers are anywhere near developing consciousness. They might be moving along a very different trajectory than mammalian evolution. In the case of mammals, evolution has driven mammals toward greater intelligence by way of consciousness, but in the case of computers, they might be progressing along a parallel and very different route to intelligence that just doesn’t involve consciousness at all.”

(AIとはなにかについて、とくにシリコンバレーのような場所において、多くの誤解があります。私から言わせてもらえば、一番の誤解は知性と意識についてです。SF映画の95%は、AIが必然的に意識にめざめるという誤った理解に基づいて製作されています。そういった映画の製作者たちは、ロボットが感情を持ったり、物事を感じたり、恋に落ちたり、人間を滅ぼそうと考えたりするというシナリオを作りますが、これは間違いです。
知性と意識は違います。知性は問題を解決する能力です。意識は物事を感じる能力です。人間や他の動物は、二体が協調する。哺乳動物が問題を解決する方法は、物事を感じることです。私たちの感情や感覚は、私たちの生活の中で問題を解決する方法の不可欠な部分です。しかしコンピュータの場合、二体が協調することはありません。
過去数十年にわたり、コンピュータインテリジェンスは著しい進歩を遂げましたが、その意識の進歩はゼロでした。コンピュータが意識の発達に近いところにいると考える理由はまったくありません。彼らは哺乳動物の進化とは大いに異なる軌道に沿って動いているかもしれないのです。哺乳動物の場合、進化は哺乳動物を意識のより高い知性に向かわせました。しかしコンピュータの場合、それらと異なる軌道に沿って意識をまったく伴わない知性へ進化しているのかもしれません)

つまり、AIがどこまで知性を高めても、意識を持つことはないのです。換言すれば、AIは知性という手段でしかありえないということです。シンギュラリティが到来し、AIが人間から仕事を奪うことは多々あっても、人間そのものになりかわることはできないと予想されます。

トランスヒューマニストの目指す未来

高度な科学技術によってもたらされる不老・不死・不労の社会は、トランスヒューマニストがめざす理想のユートピアです。しかしトランスヒューマニストが真にめざすものはその先にあります。

それはすなわち、人間とAI(機械)の融合です。ハラリは以下のように言及しています。

“Humans won’t fight machines; they will merge with them. We are heading towards marriage rather than war.This is the shape of the new world, and the gap between those who get on-board and those left behind will be bigger than the gap between industrial empires and agrarian tribes, bigger even than the gap between Sapiens and Neanderthals. This is the next stage of evolution. This is Homo Deus.”

(人間は機械と戦わず、それらと融合することになるでしょう。私たちは戦争ではなく結婚に向かっているのです。これが新しい世界の形です。それを受け入れる者とそうでない者の差は、産業帝国と農業部族の差よりも、サピエンスとネアンデルタール人の差よりも大きくなります。これは進化の次の段階――ホモ・デウスなのです)

日本におけるトランスヒューマニズム

世界的な広がりを見せているトランスヒューマニズムですが、日本において支持者の数は多いとは言えません。しかしサイバーパンクを題材にしたメディア作品や2016年アメリカ大統領選挙でのトランスヒューマニスト党の活動のおかげもあり、徐々にその知名度は上がりつつあります。

また日本には無神論者や無宗教者が多く、トランスヒューマニズムとは相性が良いため、キリスト教的風土が根強い米国を抜き去って世界一のトランスヒューマニズム国となるポテンシャルを秘めています。

私たち日本トランスヒューマニスト協会は、日本にトランスヒューマニズムを啓蒙し、未来社会の実現のために日々活動に邁進いたします。

PAGETOP
Copyright © Japan Transhumanist Association All Rights Reserved.