私たちは世界トランスヒューマニスト協会に加盟する日本唯一の団体です

トランスヒューマニスト宣言

  • HOME »
  • トランスヒューマニスト宣言

トランスヒューマニスト宣言


世界トランスヒューマニスト協会(Humanity+)で採択された宣言が以下となります。


1.Humanity stands to be profoundly affected by science and technology in the future. We envision the possibility of broadening human potential by overcoming aging, cognitive shortcomings, involuntary suffering, and our confinement to planet Earth.

(人類は、将来科学技術によって深刻な影響を受けることになります。我々は、高齢化、認知障害、不随意の苦しみ、そして地球への閉じ込めを克服することによって人間の可能性を広げるビジョンを描く)

2.We believe that humanity’s potential is still mostly unrealized. There are possible scenarios that lead to wonderful and exceedingly worthwhile enhanced human conditions.

(私たちは、人類の可能性はまだほとんど未実現であると信じています。すばらしい、そして非常に価値のある強化された人間の条件につながる可能性のあるシナリオがあります)

3.We recognize that humanity faces serious risks, especially from the misuse of new technologies. There are possible realistic scenarios that lead to the loss of most, or even all, of what we hold valuable. Some of these scenarios are drastic, others are subtle. Although all progress is change, not all change is progress.

(人類は、特に新技術の悪用から深刻なリスクに直面していることを認識しています。私たちが大切にしているもののほとんど、あるいはすべてを失う可能性のある現実的なシナリオが考えられます。これらのシナリオのいくつかは劇的であり、他は微妙です。すべての進歩は変化していますが、すべての変化は進歩ではありません)

4.Research effort needs to be invested into understanding these prospects. We need to carefully deliberate how best to reduce risks and expedite beneficial applications. We also need forums where people can constructively discuss what should be done, and a social order where responsible decisions can be implemented.

(これらの見通しを理解するためには、研究努力が必要です。リスクを最小限に抑え、有益なアプリケーションを迅速に実行する方法を慎重に検討する必要があります。また、人々が何をすべきかについて建設的に議論することができるフォーラムや、責任ある意思決定を実施できる社会的秩序が必要です)

5.Reduction of existential risks, and development of means for the preservation of life and health, the alleviation of grave suffering, and the improvement of human foresight and wisdom should be pursued as urgent priorities, and heavily funded.

(実在のリスクの低減、生命と健康の保全、重大な苦しみの軽減、人間の予知と知恵の向上のための手段の開発は、緊急の優先事項として追求され、多額の資金が必要である)

6.Policy making ought to be guided by responsible and inclusive moral vision, taking seriously both opportunities and risks, respecting autonomy and individual rights, and showing solidarity with and concern for the interests and dignity of all people around the globe. We must also consider our moral responsibilities towards generations that will exist in the future.

(政策立案は責任と包括的な道徳観に導かれ、機会とリスクを真剣に受け止め、自治権と個人の権利を尊重し、世界中のすべての人々の関心と尊厳との連帯と心配を示すべきです。将来存在する世代への道徳的責任も考慮する必要があります)

7.We advocate the well-being of all sentience, including humans, non-human animals, and any future artificial intellects, modified life forms, or other intelligences to which technological and scientific advance may give rise.

(私たちは人間、人間以外の動物、将来の人工知性、改変された生命体、あるいは技術的、科学的進歩が生まれるかもしれない他の知性を含む、すべての感覚の幸福を主張します)

8.We favour allowing individuals wide personal choice over how they enable their lives. This includes use of techniques that may be developed to assist memory, concentration, and mental energy; life extension therapies; reproductive choice technologies; cryonics procedures; and many other possible human modification and enhancement technologies.

(私たちは、個人の生活をどのように有効にするかについて個人が幅広く選択できるようにしています。これには、記憶、集中力、精神的エネルギーを助けるために開発された技術の使用が含まれる。ライフエクステンション療法; 生殖選択技術; 凍結処置; 多くの可能性のある人間の改変および強化技術が含まれる)



以上のように、トランスヒューマニズムは世界的潮流のなかですこしずつその外観を明らかにしつつあります。

お気軽にお問い合わせください TEL 080-3548-0614 受付時間 10:00 - 22:00 [ 年中無休 ]

PAGETOP
Copyright © Japan Transhumanist Association All Rights Reserved.